1990年代のバブル崩壊は、東京貸ビル市場のテナントリーシングを一変させた。特にキーテナントである金融機関店舗に対するオーナーからの信頼感は、そうとうに失われたといえるだろう。絶対的な信頼を誇った銀行店舗の出店に際し、高額な預託金(敷金・保証金)保全措置をテナント側から求められたオーナーは数多い(表参照)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。