今年スタートした中期経営計画では、FPD(フラットパネルディスプレイ)事業に依存した収益モデルから脱却することを明確に掲げた。新興市場と次世代商品の拡大で、業績を再び上昇軌道に乗せられるか。旭硝子(AGC)の石村和彦社長に聞く。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。