会場も戸惑いを隠せなかったのか、記者会見で最初に出た質問は次のようなものだった。「議長、あなたは一体何について説明しているのですか?(what is that?)」 5月20日未明(米国時間19日午後)、バーナンキ連邦準備制度理事会(FRB)議長は米連邦公開市場委員会(FOMC)後の記者会見で、いわゆる“QE3(量的緩和第3弾)”の「縮小シナリオ」をはっきりと示してきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。