昨年、ドイツのショイブレ財務相はポルトガルのことを「ユーロの優等生」と評した。緊縮財政案を受け入れ、スペインのような過激なデモは行わず、ギリシャのような暴動も発生していないからだ。しかしその優等生の我慢も限界に達しつつある。国民がここまで憤りを感じるのは1974年に独裁ファシスト政府を倒そうと立ち上がったとき以来であろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。