昨秋、レストランで客をもてなすサービスの世界一を決めるコンクールが日本で開かれ、その大会で優勝したのが恵比寿の名店で働く宮崎辰さんだった。その本人がサービスの極意を説き明かしたのが『世界一のおもてなし』である。コンクールに臨むまでの様子をたどりながら、「人をもてなす」とはどういうことかをわかりやすく述べている。コンクールでは、制限された時間内で桁違いのプロフェッショナルの技術が要求されるが、サービスの基本は「人間が好き」という意外なほどシンプルな答えに思えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。