日本にとって最も重要なパートナーとなった中国では、今年新しい指導者が決まる。指導者の交代によって、日中関係にはどんな変化が生じるのだろうか。中国の政治事情に精通する朱建栄・東洋学園大学人文学部教授が、2012年の見通しを解説する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。