ジャーナリストのセバスチャン・マラビーが著した『ヘッジファンド 投資家たちの野望と興亡』に、次のような一節がある。「2001年6月1日、マンハッタン西端のジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで開かれたディナーパーティーに2920人が集まった」ポール・チューダー・ジョーンズが立ち上げた慈善組織、ロビン・フッド基金による毎夏恒例のイベントである。チューダーといえば、超大手マクロ系ヘッジファンドの一つだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。