国内の燃料油需要が減少の一途をたどるなか、石油元売り各社は燃料油事業の構造改革と新たな収益源の確保に迫られている。2013~15年度の新中期経営計画のスタートと同時に社長に就任する月岡隆氏(6月27日付で就任)に、出光興産の経営戦略について話を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。