日本人の主食「コメ」――。このコメ価格の世界標準が中国に握られるかもしれない。今年初め、中国・鄭州商品取引所は、日本人が好む短粒種のコメを上場申請した。大阪堂島商品取引所(ODE)で試験上場中の「コメ先物」で取り扱っているコメも同じ短粒種だ。同じ商品が二つの市場で上場されているならば、より取引高の大きく、流動性の厚い市場で値付けされたものが世界標準価格となることは誰しも察しがつこう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。