激戦が続く清涼飲料業界で、カルピスの統合やハウス食品からの「六甲のおいしい水」ブランドの買収等により、グループ合計では伊藤園を抜き飲料業界で3位シェアに躍進したアサヒ飲料。売上高の延びに利益が伴わない現状を打開すべく、この3月からホールディングスの財務担当副社長からアサヒ飲料社長に転じた本山和夫氏に、今後の成長戦略を聞いた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。