英有力誌「エコノミスト」が、アベノミクスを特集した5月18日号の記事は、東京のソープランドの描写から始まる。サービスのハイエンドである「マッサージ」が、1990年以来初めて6万円を回復し、人気も上々という話だ。これをソープランド業界では「泡ノミクス」と呼んでいるという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。