インターネットによる一般医薬品の販売解禁。官僚の抵抗によってことごとくつぶされた規制改革の数少ない成果だが、自民党内では解禁への異論が高まっている。参院選を前に、ネット販売の解禁に反対してきた日本薬剤師会などの業界団体に“配慮”しているからだ。政府は方針を堅持するとしているが、予断を許さない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。