「労働市場の流動化は、成長戦略の基本インフラのようなもの。そこに踏み込まなければ、日本は変われない」バークレイズ証券の森田京平チーフエコノミストは、骨抜きにされた成長戦略の雇用政策に失望を隠さない。日本のデフレの主要因の一つである「賃金デフレ」は、日本的な労働慣行によるところが大きい。グラフで示したように、日本は賃金を抑えることで雇用を守ってきたからだ。一方欧米では、雇用者の数を調整して賃金を減らさないようにしている。「デフレ脱却には労働市場の調整方法を欧米型へとシフトさせる必要がある」と森田チーフエコノミストは言う。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。