安倍晋三首相による原子力発電所輸出のトップセールスが本格化している。大型連休中のロシア、中東訪問ではアラブ首長国連邦(UAE)、トルコ2国と原発輸出に不可欠となる原子力協定を締結した。このうち、トルコについては中国・韓国勢に競り勝つ形で、原発4基建設の優先交渉権も確保。東京電力の福島第一原発事故後、停止していた原発輸出が再開することになる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。