先日、米国のがん専門誌に睡眠と前立腺がんとの関連についての調査が報告された。 調査では67~96歳のアイスランド・レイキャビク市在住の男性約2000人を追跡。参加者は事前に(1)睡眠薬を服用しているか、(2)ベッドに入っても寝つけない、(3)夜中に目が覚めて再び眠ることができない、(4)朝早くに目覚めてしまい再び眠ることができない、という質問に回答してもらった。5年間の追跡調査中に前立腺がんと診断されたのは6.4%だった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。