成長と凋落、期待と失望に彩られた時代の徒花が、一つの区切りを迎えようとしている。 5月の連休前後からだっただろうか。証券取引等監視委員会や警視庁を担当する新聞やテレビの記者の間で、こんなうわさがささやかれた。「インデックスの周辺で内偵捜査が始まっているらしい」「捜査当局は架空増資を絡めたスキームの有無に注目しているらしい」 「おとがめは課徴金だけで済むのか?」――。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。