治安や貧困、政府のガバナンスといった数々の問題を抱えながらも豊富な資源、人口増で高成長が続き“最後の市場”との呼び声も高いアフリカ。かつてのODA(政府開発援助)ブームが去った後、出遅れた日本企業は、この難しい成長市場とどう向き合うべきなのか。資源、企業進出の両面からアフリカで成功する方法を探った。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。