日本顎顔面インプラント学会は口腔がんなどを治療する口腔外科専門医が主体となった学会で、患者のために安全で機能的なインプラントシステムを構築する目的で設立された。インプラント治療は人類の機能回復医学の中でも非常に画期的な技術。ただ自由診療で行うため、教育機関も技術の発達過程をコントロールできず、技術が標準化されずにメーカー主導で普及してしまった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。