秋葉原の裏通り。メイド系女子や強い照明が喧騒を煽る中、そこだけ時間がゆっくり流れているような佇まいの店がある。古い宿屋にも見えるくすんだ白壁に浮かぶ文字は、大衆割烹「赤津加」。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。