「交流促す学生寮次々 シェアハウス型や『国際寮』も」(読売新聞6月1日土曜日付朝刊)――。「くらし 教育」面のトップ記事「最前線」は、親元が収入源のなかで大学が学生寮を新たに開設する動きを紹介している。お茶の水大学の新しい学生寮は、キッチンとリビングを囲むように個室が並んでいる。洗面所と浴室、トイレは共有である。中央大学の学生寮は、やはりシェアハウス型であり、2、3人のグループには1人留学生が必ず入っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。