629勝491敗30引き分け、勝率5割6分2厘。これは、私が中日ドラゴンズを率いた8年間の戦績だ。この数字を基に、監督としての手腕を自己評価することはない。ただ、周囲から「コーチの経験もないのに高い実績を残せたのはなぜか」と問われれば、こう答える。「選手時代から、監督目線で野球を見ていたからじゃないですか」

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。