日本人の「死因3大病」といえば、長らく、がん、心臓病、脳卒中だった。ところが、2011年以降は肺炎が第3位になっている。肺炎による死亡が増えた要因は、介護が必要な高齢者の増加に伴い、口内の細菌が食物や唾液と共に肺に流れ込むことで発症する誤嚥(ごえん)性肺炎が増えていることにある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。