エミレーツ航空(アラブ首長国連邦)が羽田―ドバイ路線の就航を始めた。2010年から再国際化した羽田空港からは、現在、19の航空会社が欧米アジア18都市へと乗り入れているが、中東への就航は今回が初めてとなる。「羽田空港からはビジネス需要を見込んでいる。特に、ドバイから20都市に接続しているアフリカへの乗り継ぎに最適」(リチャード・エンゲルマン・エミレーツ航空日本支社長)とアピールする。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。