「私一代で終わりにします」。東京都で歯科技工所を営む脇本征男さん(71歳)はそう語り、将来の歯科技工士業界を憂えた。入れ歯や差し歯などの補綴物を作る歯科技工業界にも価格破壊の波が押し寄せている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。