報酬水準、昇給率については各社とも競合他社と大きな差異が出ないよう神経を尖らせる。特に中国では個人間での報酬情報の開示・交換が活発(開けっ広げ)で、インドでもその兆候が出てきており、評価・報酬制度の透明化が喫緊の課題となってきている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。