日本の人口減少はこれからが本番。現在1億2700万人強の総人口は2040年に1億0700万人強にまで縮小する。現役世代の減少で税収は落ち込み、高齢者の増加で福祉費が膨らむ。窮乏していく自治体の現状と生き残り策をレポートするとともに、30年後の財政試算をした。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。