まったくうまい。東野圭吾『夢幻花』だ。まずプロローグが二つ。一つは夫婦が街を歩いているときに暴漢に襲われる話。もう一つは、台東区入谷の朝顔市で同い年の孝美と知り合った中学生の蒼太が、彼女と会えなくなるまでの話。ここから始まる物語だが、メインストーリーが始まっても最初のうちはなかなか全貌が見えてこない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。