海外で、外国人投資家が日本の中小企業への投資を検討する場に同席させてもらったことがある。投資家は、差し出された資料のある一点を、穴が開くほど見つめていた。それは、売上高や営業利益ではなく、キャッシュフロー表。彼は長い時間、そうしていた。そして何も言わなかった。納得がいったふうではなかった。日本では経営上、まだまだ売り上げや営業利益が重視されがちだ。だが、外国人投資家は、投資先企業が現金をため込むのを嫌う。キャッシュフローからそれを、彼らは判断する。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。