4月9日に行われた横浜DeNAベイスターズと広島東洋カープの試合で、こんな場面があった。4対1のリードで迎えた広島の3回表の攻撃は二死満塁。ここで大竹寛はショートゴロを打った。横浜DeNAの遊撃手・石川雄洋はその打球を慎重に捕球すると、ベースカバーの二塁手に送球しようとした。ところが、二塁手はベースカバーに入っておらず、石川は慌てて一塁に送球したが間に合わず、その間に二者が生還した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。