店頭取引高が4月に400兆円を突破したFX。日本は世界でも有数のFXが盛んな国といわれる。海外からは、主に主婦層が家事や育児の合間に携帯電話やパソコンで取引しているとのイメージが強く、FXの投資家は総称して「ミセス・ワタナベ」と呼ばれ、海外のヘッジファンドもその動向を注視しているといわれる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。