ベルギーの首都ブリュッセルはEU(欧州連合)の首都でもあり、NATO(北大西洋条約機構)の本部がある国際都市だ。この町ではフランス語とフラマン語(オランダ語)の2カ国語表示が義務づけられている。道路標識もすべて2カ国語。さすが国際的な融和が進んでいるなあ、と思ったらそれはとんでもない誤解だ。これは融合の証しではなく、ユーロ圏分裂への道筋を示す暗い道標なのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。