日本のものづくりの”象徴”ともいえるパナソニック。その危機を報じた本誌5月18日号特集「パナソニック最後の賭け」では、水面下で進む赤字事業の“撤退シナリオ”を一覧表で紹介した。かつての中核事業や名門事業も対象となる中で、どこで経営判断を間違えたのか、そして今、どのようなシナリオが検討されているのか、「デイリー・ダイヤモンド」で詳細をお伝えする。本誌・パナソニック特集取材班

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。