三菱UFJフィナンシャル・グループ91%、三井住友フィナンシャルグループ95%、みずほフィナンシャルグループ72%――。3大銀行グループの、昨年9月末と比べた株価の値上がり率(5月17日時点)だ。 昨年秋から続く相場上昇のけん引役として、勢いよく値を上げてきた3メガバンクの株が、決算発表の翌日、売り優勢の展開になり、そろって値を下げた

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。