昇給率の主要な決定要素は、消費者物価指数(CPI)、GDP成長率、失業率である。その中で昇給率と最も相関性が高いのがCPIだ。アベノミクスの3本の矢の一つ、金融政策では2015年後半をめどにCPIを2%まで引き上げるインフレターゲットが設定されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。