FRBの調べによると、米国で住宅の評価額がモーゲージ設定時より上回っている部分(ホームエクイティ)の全米総額は昨年末で8.2兆ドルだった。2009年末の6.2兆ドルに比べ3割強増加した。ただし、ピーク時の06年の13.5兆ドルに比べればまだ大幅に低い。3月末の住宅価格前年比は過去7年見られなかった大幅上昇を示した。全米1位はアクロン(オハイオ)の+32.7%、2位はサンフランシスコ圏(カリフォルニア)の+32.6%、3位はレノ圏(ネバダ)の+32.1%。ただし、下落の街も依然としてあり、最下位はカンカキー圏(イリノイ)の▲18.8%である(NAR調べ)。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。