政治報道にも読者の知らない“欺瞞”がある。新聞の政治欄で首相の一日の動向を伝えるのが建前の「首相動静」というコーナーがそれだ。首相が誰と面会したかを取材するのは政治部の首相番記者。普段、首相官邸に詰め、正面入り口から入ってくる人物を一人ひとりチェックするのが大事な任務。しかし、実は裏口が二つもあるのだ。「通常は各社ともノーマーク」(番記者)で、ここから直接、首相の執務室を訪れたら、確認できないのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。