読み応えのあるSFを描く新人が登場した。庄司創『三文未来の家庭訪問』は、短編3本を収めた作品集。SFといっても分野はいろいろあるが、この著者が描くのはアイデアの「センス・オブ・ワンダー」で正面から勝負する本格派の作品だ。絵柄はおとなしく、表現もかなり地味だが、だからこそ内容の面白さや構成の妙が際立つ。SF的な展開が人間ドラマときちんと結びついており、感銘深い読後感を残す。かつて藤子不二雄が得意にしたSF短編シリーズなどが好きな人には、ぜひお薦めしたい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。