業績悪化の責任を取って6月に社長を辞任するスクウェア・エニックス・ホールディングスの和田洋一社長(写真)の処遇に注目が集まっている。和田氏は、「経営には口を出さない」と明言する一方で、「社員としてお返しする」として、会社にとどまる考えを示しているだけに、“院政観測”が根強いのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。