国内有数の高収益企業であるNTTドコモに、かつてないほどのコスト削減命令が出されている。財務部主導の「構造改革プロジェクトチーム」が発足し、部署ごとに削減目標が掲げられ、その達成が厳しく管理されているのだ。設備投資や開発・保守費用、一般経費に切り込み、2012年度はすでに500億円をカット、13年度も1500億円と大ナタを振るうものである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。