今から11年前の2002年2月。当時、財務省の黒田東彦財務官に初めてお会いした際、テレビカメラの前ではどのような話しぶりを見せる方なのだろう、と内心不安だった。ドイツの経済学の原書をも読破してしまうほどの博識だと聞いていたからだ。前任者の榊原英資氏が公にダイナミックな持論を説くことが多かっただけに、その陰に隠れたことも相まって、控えめな方との印象が強かった。が、ひとたびカメラを向けられると、穏やかながらも論点は明確で、静かに人を惹きつける「華」があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。