安倍政権は日本再生を目指す経済政策「アベノミクス」を掲げ、基本方針となる3本の矢を用意した。このうち、1本目の矢である「大胆な金融緩和」は黒田東彦日本銀行総裁から放たれ、2本目の矢「機動的な財政支出」も方向づけられた。次の焦点となるのは3本目の矢「成長戦略」だ。報道各社は続々と、成長戦略の前提となる官邸会議と環太平洋経済連携協定(TPP)交渉の取材体制を増強し始めた。アベノミクスの司令塔の官邸だけではなく、黒幕とされる経済産業省でも取材合戦が激しくなりそうだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。