リーマンショック以降、欧州諸国は緊縮財政を錦の御旗に掲げてきた。ギリシャの債務危機が欧州全般に伝播するなかで、歳出の規模を減らして債務を削減することを最優先してきたのだ。ところがここにきて雲行きが変わってきた。緊縮財政を続けても経済は回復しないのではないかという見方が広がり、緊縮財政の旗振り役でもあったドイツのアンゲラ・メルケル首相が集中砲火を浴びているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。