経営不振に揺らぐ家電メーカー、シャープが4月1日に組織変更を実施。経営再建の“本丸”となる構造改革実行本部のトップに、大西徹夫代表取締役専務(58歳。写真)が就任した。5月の連休明けには、主力銀行のみずほコーポレート銀行、三菱東京UFJ銀行より派遣されてくる役員2人を受け入れて、経営再建に真正面から臨む。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。