「向こう10年で、中国、インドを含めたアジア、そして南米を合わせた地域で年間の自動車販売台数が2000万台の新市場がポコッと生まれる。その規模は現在の米国市場よりも大きい」自動車用エアコンのコンプレッサーで世界シェアの約25%を握るサンデンの山本満也社長(写真)は、新興国での設備増強を急ぐ。この4月から、メキシコで2番目の部品工場を立ち上げた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。