火力事業における日立製作所の強みの一つとして、ヨーロッパとアフリカという二つの市場で、世界トップクラスの市場シェアを獲得している点が挙げられる。事業統合を予定している三菱重工業とは、得意な市場が重ならないため、シナジーを見込むポイントの一つだ。ヨーロッパでは、ドイツのバブコックボルジッヒグループのボイラ(蒸気発生器)部門を買収したことで、ボイラにおいてトップシェアを持っている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。