三菱重工業と日立製作所の電撃的な事業統合発表から5カ月。2社の正式契約締結が目前に迫る。しかし、半世紀にわたって強固な提携関係が築かれてきた社会インフラ業界において、再編は一筋縄ではいかない。長年連れ添った日立と米ゼネラル・エレクトリックの“離婚問題”、さらには三菱重工、三菱電機、日立の“三角関係”という二大問題を避けては通れない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。