買い物客が自分でレジを通すセルフレジを2003年に日本で初めて投入した日本NCRの諸星俊男社長(写真)は、「米国で生まれたオムニチャネル・リテーリングを日本でも定着させたい」と言う。オムニチャネルとは、実店舗、ウェブサイト、ソーシャルメディア、モバイルデバイスなどの販売チャネルを統合させて消費者にアプローチする戦略のことだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。