「予想以上の発表内容。効果的な体制刷新とリーダーシップを世界に知らしめた」(JPモルガン・チェース)「日銀ショック、恐るべし。デフレーションを必死になって終わらせようとしている」(ドイツ銀行)黒田東彦総裁の下で初めて開催した4月4日の金融政策決定会合。マネタリーベースを意識した金融政策やリスク資産の買い入れ枠拡大など、一歩踏み込んだ量的緩和を発表した黒田日銀に対して、米ウォール街は驚きの反応を示した。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。