2013年4月2日、5代目となる歌舞伎座が開場した。現在の地に歌舞伎座という劇場が誕生したのは1889年。以降、老朽化や戦災などによる改修、建て替えで姿を変えながらも、歌舞伎の殿堂として歴史を育んできた。そもそも120余年前、歌舞伎座はいかに誕生したのか? 『歌舞伎座誕生』を読むと、明治の演劇改良運動の流れを受けて、新聞記者として名を成した福地櫻痴と金融業者の千葉勝五郎の共同経営で、歌舞伎座が開設された経緯、その後の変遷がよくわかる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。