公共型老人ホームの代表格である特別養護老人ホームは、民間の有料老人ホームに比べ、入居費用が安いため人気が高い。全国で入居待機者は42万人に上るといわれ、“狭き門”としても知られる。ところが、最近、「本当に足りないのか」という疑念の声が介護関係者から生じている。  「実は、地域による偏在が激しいだけではないか」という指摘は多い。特養などの公共型の介護保険施設の場合、入居希望は原則的に自宅のある市区町村の窓口に申し込む。そのため、待機者数に地域差が生じ、自分が住む地域は満床だが、隣の地域では比較的余裕があるというケースが出てくるわけだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。